沿革

1945年10月
埼玉県礼羽村岡安ゴム工場内工員宿舎に戦災孤児収容計画 を岡安寿々、岡安正庫、G.Eキュックリッヒが中心となり開始。
1945年12月1日
戦災孤児収容施設「愛泉寮」を創立する。飛行機工場工員宿舎を買収し、孤児救済事業に役立てる。合わせて、地域児童の保育を行う。
1948年6月30日
児童福祉施設「愛泉寮」として認可される。
1950年3月15日
愛泉寮 施設建物を新築する。
1975年4月1日
愛泉寮 施設建物の改築をする。幼児教育館「いずみ園」を新築する。
1993年4月
分園型自立訓練ホームを開設する。
1998年7月
児童家庭支援センター「愛泉こども家庭センター」を開設する。
2000年10月
地域小規模児童養護施設「望みの家」を開設する。
2001年4月
分園型自活訓練ホームを分園「恵みの家」を開設する。
2002年4月
埼玉県地域小規模児童養護施設「りんどうの家」を開設する。
2002年11月
埼玉県地域小規模児童養護施設「つばめの家」を開設する。
2004年4月
小規模グループケア「恵みの家」を開設する。
2005年4月
地域小規模グループケア「たんぽぽの家」を開設する。
2006年4月
「りんどうの家」「つばめの家」が地域小規模児童養護施設の指定を受ける。
2007年3月
本園施設建物の全面増改築を行う。
2007年4月
本園の定員数が10名増え、70名定員となる。「たんぽぽの家」が地域小規模児童養護施設の指定を受ける。本園と地域小規模児童養護施設の定員数が合計94名になる。
2010年4月
小規模グループケア「はやぶさの家」を開設する。
2013年7月
小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)「はやぶさの家」を開設する(愛泉寮の小規模グループケアを行う分園をこの事業に転換したものです)。 それに伴い本園の定員数が88名となる。
夢~文集より~
ブログ
ブログ
アクセスマップ
アクセスマップ