~文集より~
愛泉寮で生活する子ども達が毎年書き記していく足跡。その一部をご紹介します。

第32号(2017年3月発刊)

ぼくはホンダの会社に入りたいです。理由はおばあちゃんがホンダの会社で今もはたらいているからです。もう一つの理由はハイブリットカーにきょうみをもって調べてすごいと思ったからです。だからべんきょうとうんどうをがんばりたいです。
小学3年生 「ぼくのゆめ」
わたしのしょう来のゆめはパティシエです。なぜパティシエにになりたいかというと、ようち園のころからおかしが好きだったからです。パティシエになってみんなにおいしいケーキを作ってあげたいです。そしてみんなによろこんでほしいです。パティシエになるために、もっと上手におかしを作れるようになります。
小学4年生 「パティシエ」
わたしの大切な物は一輪車です。なぜかというと、平成28年に、お母さんとお父さんにもらったからです。これからもいろいろな技をやって、一輪車を大切にしようと思います。
小学3年生「大切な事」
僕の宝物は二つあります。1つ目は服です。理由はお父さんに誕生日プレゼントで買ってもらったからです。2つ目はグルーブです。理由はずっと野球で使っていたグローブだからです。これからも大事に使っていきたいです。
中学1年生 「宝物」
明日が必ず来るとは限らない、1分前だって1秒前だって戻ってこない。後悔しても仕方がない。という思いでここまで生きてきました。過去を振り返らず、前を見て生きていくことが自分の中で格好良い生き方だと思い込んでいました。しかし振り返ることは後悔ではなく成長するということに気付きました。過去に体験したことを糧にして未来を作りかえることだってできます。未来の自分ファイト!
高校3年生 「未来への手紙」
僕の人生の半分はこの愛泉寮で過ごしました。血の繋がっていない人たちと毎日のように一緒にご飯を食べ、毎日のように一緒の屋根の下で眠りに就く。きちんと決められた時間やルールの中、毎日を過ごすのは自分にとって不自由そのものでした。けど愛泉寮を出て巣立とうとするこの瞬間、この生活をしていて良かったと感じる。みんなにも分かる時が必ずやってくると思う。
自分は間違いを沢山してきました。その度に自分を叱ってくれる大人たちがいたことに巣立つこの瞬間だからこそとても感謝しています。
愛泉寮に残るみんなには、今までの時間、そしてこれからの時間、どちらも大切にしてほしい。僕の愛泉寮での9年間という長い時間と大切な思い出や出会った人達が、今の僕を作ったし、これからの僕も育てていく。
高校3年生 「僕の在るべき形」

第31号(2016年3月発刊)

私のしょうらいの夢はすしやさんです。理由は、いなりずしを作っているときにうまいねと言われたからです。おきゃくさんがいっぱいきてくれる店にしたいです。すぐに作れるようにしたいです。
小学4年生 「将来の夢」
私は日本で生まれてよかったと思います。なぜなら日本以外の国でまずしく生活している子どもたちがたくさんいます。私たちはごはんをふつうに食べられますがまずしい子どもたちは、お金少なく一口だけがごはんです。教会でのけんきんもその子どもたちへあげるお金です。みなさんが洋服屋さんへ行くと洋服リサイクルというものもやっています。私たちが日本にいる事はめぐまれていると思います。
小学4年生 「日本と私」
寮で過ごした時間で学んだ事を3つ書こうと思います。一つ目は家事です。二つ目は人との関わりです。三つ目は先の事を考える力です。この三つは寮を出た後にとても大切な事だと思っています。なので学ばせてもらったことを感謝しています。寮を出たら色々な壁があると思いますが自分なりに頑張っていきたいです。そして今まで育ててくれてありがとうとても感謝しています。
高校3年生「大切な事」
私の将来の夢はウェディングプランナーです。理由はきっとたくさんの人を幸せにすることができ、自分も幸せな気持ちになれてとても良い仕事だなと思ったからです。もしこの仕事につくことができたとしたら、準備をしっかり整えて一生忘れないような結婚式を作りたいです。そのためには専門学校に行き、しっかりと学習して自分の夢をかなえたいと思います。
中学1年生 「将来の夢」

第30号(2015年3月発刊)

私の将来の夢はサッカー選手です。私はサッカーが好きなので、たくさん練習して、本田圭佑選手みたいなサッカー選手になりたいです。
小学3年生 「将来の夢」
僕の宝物は、くまのかわいいぬいぐるみです。ばぁばに買ってもらいました。大事にしてます。
小学1年生 「たからもの」
僕は大切な物は今です。それは将来やりたいこと、行きたいところ、夢、それを実現させたいからです。そのために今を頑張らなくてはいけないからです。そして何より今がとても楽しいからです。この楽しい時を少しでも長く続けられたらととても思うからです。この今という時間は一度しかないありません。大人になって今があったからこの時があると言えるように過ごしたいです。これが今が大切な理由です。
高校2年生「大切な物」
僕が自慢できるのは、物作りです。以前、弓を割り箸や輪ゴムで作ったりしたことがあり、友達に褒められたので人に自慢できるものだと思います。僕は、料理や裁縫をやっている時が楽しいので、難しくても頑張って取り組んでいまs。そして、自分の物を完成させた時はやりきった感がとてもあります。僕の夢が、パティシエなので夢に向かってとにかく頑張っています。
中学1年生 「人に自慢できること」
僕は負けない絵を描いてます。その時お絵かきバトルを浦崎さんに挑みました。それで勝ちました。またバトルしたいです。芸術家になりたいです。
小学1年生 「ぼくのゆめ」
私は、今何をしていますか?お金はどの位もらっていますか?大切な人と会えていますか?自分の苦手なことも最後まで頑張っていますか?今年から社会人になるので、どんなことも一人で乗り越えられる力が欲しいです。残り少ない生活もしっかりと頑張りたいです。今までお世話になった人にお返しができるようになりたいです。
高校3年生 「自分への手紙」
今、自分は高校2年生です。そろそろ自分の将来を考えなければならない時期です。今真面目になって考えてみるとはやぶさを出ていくことが想像できなくて恐怖すら感じています。んま、今を頑張んないとなんでとりあえず頑張る。よし、勉強勉強…。
高校2年生 「自分の将来について」

第29号(2014年3月発刊)

私の宝物は二つあります。一つ目は命です。理由は命がないと生まれてこれなかったし、やりたいこともできないからです。また、自分がなりたい将来があっても自力で頑張ろうとしても命がないと叶えられないからです。二つ目は家族です。理由はお母さんたちは遠い所に住んでいるけど離れていても家族は家族と、大人の人に教えてもらったので私の宝物はこの二つです。
中学1年 「私の宝物」
ぼくはしょうらい、でんしゃのおそうじをするひとです。でんしゃのおべんきょうをいっぱいがんばります。
小学1年生 「将来の夢」
私の将来の夢は、人を笑顔にする仕事に就くことです。具体的な夢としてはパティシエになって自分のお店を持つことです。理由は私が小さいときに行ったケーキ屋さんで自分自身が笑顔にさせてもらったからとケーキってこんなにおいしく作れるんだなって思ったからです。だから私も人のために働ける人や人を笑顔にする仕事がしたいと思っています。
高校1年生「将来の夢」
私は保育士になることが夢です。理由は子どもが大好きだからです。たくさん勉強をして、大学に入り、保育士になるために頑張りたいです。これからもがんばってすぐに諦めずに机に向かっていきたいです。来年は受験があります。勉強は得意ではありませんが前に進んでいきたいです。保育士に向かって頑張ります。つらいこと、いやなことからも逃げずに行きたいです。
中学3年生 「私の将来の夢」
昔から大切にしてきた夢があります。それは大好きなサッカーを仕事にすることです。今考えたら叶えられそうな夢です。でも夢で終わってしまうのが嫌なのが僕だから必死に受験勉強して第一志望校に合格すること、必死にサッカーの練習をして高校でも高みを目指して頑張る。これが一番の夢かな。それじゃあ、ウカウカしてられないな…。
中学3年生 「将来の夢」
ぼくは、しょうらいプロ野球選手になりたいです。そして、田中マーくんよりずっとかつやくする選手になりたいです。そのためにいまがんばっていることはセカンドのけんせいや声を出すことをがんばっています。そして、もっともっと強くなってすべての変化球をなげられるようになりたいです。
小学4年生 「しょうらいのゆめ」
夢~文集より~
ブログ
ブログ
アクセスマップ
アクセスマップ