愛の泉で働く人々 ~職員インタビュー~

愛泉乳児園で保育士をしている阿部智美さんを紹介します。今年4月に就職した新任さんです。前のお仕事のことも含めていろいろときいてみました。。
阿部 智美
職種:保育士 職場:愛泉乳児園
Q1. 出身はどちらですか??
秋田県出身です。大学進学を機会に埼玉へきました。現在ひとり暮らしです。

Q2.愛泉乳児園で働こうと思ったきっかけは??.
大学生の時に児童相談所に実習に行きました。その実習を経験して、家庭で生活が出来ない子がいるということ、そういった子と生活をする仕事の分野があるということを知り興味を持ちました。それなので、愛泉乳児園に勤める前は、その実習先だった児童相談所の非常勤職員として働いていました。
でも、元々保育士として働きたい気持ちはありました。その児童相談所に勤めていた時に、入所児を愛泉乳児園まで迎えに行ったりしたことがありました。愛泉乳児園を選んだのは、その際、雰囲気が大変良かったことと家庭的な小規模保育に魅力を感じたからです。

Q3.実際に働いてみてどうですか?
私のグループでは子ども8人に対し非常勤さんも含めて、保育士と看護師の10数名で保育をしています。
4月から働き始めてもうすぐ2ヶ月が経とうとしていますが、最近やっと心に余裕が持てるようになってきたと思います。そのため、以前よりも周りが見えるようになってきたので、充実してきたように感じます。
最初に思っていたこととちがうところは、良くも悪くも施設の保育であることだと思います。子どもと接する時間が長く、担当制にすることでより子どもに身近な存在となって働けることを実感しています。あと、調理さんのごはんがとってもおいしいです!


Q4.仕事の大変さとやりがいは?
子ども中心の保育ができているか、常に考えています。他にやらなくてはならないこともある中で、なかなか大変です。仕事を終えたとき、今日も子どもを第一に考えられていただろうか、ということを1日を通して振り返り反省点を見つけ、どうすればよかったかを考えるようにしています。
そのような中、毎日子どもと関わりながら、子どもたちの成長が見られることはとても嬉しく思います。そこに自分はやりがいを感じています。
また児童相談所は親支援などの親との関わりが主になりますが、乳児園では子どもとの生活や子どもとの関わりが主になるので、そのようなところもやりがいになっていると思います。
友達とのおしゃべりやカラオケが息抜きやストレス発散になっています。


Q5.今後の目標は?
子どもの目線に立ち、保育をしていけるような保育者になりたいと思っています。
個人的には録画対応のテレビと自動車免許が欲しいですね。この前も、免許を持っていないので、羽生のイオンまで自転車で行ってきました。
今回2人目は愛泉寮で働く男性職員相澤郁夫さんを紹介します。
スタッフインタビュー
エントリーはこちら
ブログ
ブログ