愛の泉で働く人々 ~職員インタビュー~

愛の泉創立記念式典で勤続5年の表彰を受けた、愛泉寮で働く大群貴裕さんを紹介します。
大群 貴裕
職種:保育士 職場:愛泉寮
Q1. この仕事に就きたいと思ったきっかけは何ですか??
私が愛泉寮に勤めて早くも5年が経ちました。児童養護施設に勤めようと思った理由は6年前に起きた東北大震災で家族を亡くした沢山の子どもたちがいるとニュースをみたからです。その時に、生まれてきた境遇はそれぞれ異なりますが親と離れて生活をしなければならない子どもたちのために家庭的に関わり、心のケアができるこの仕事に就きたいと思ったからです。

Q2.どんな仕事をしていますか??.
児童養護施設の仕事は、様々な事情があって家庭で生活のできない子ども達を親の代わりに養育することです。調理や掃除などの家事をすることはもちろん、四季折々の行事を考えることや、学校行事に参加するなど、安心した生活が送れるように私たちは日々子ども達への支援を行っています。また早期に家庭に復帰できることを目指した支援も行っています。

Q3.印象に残るエピソードを教えてください。
高校生になった子どもに「大群さんは新任職員の頃から私たちの要望を叶えるために、先輩職員に対しても物怖じせずに話をしてくれたことがうれしかった」と言われた時でした。その時にこの仕事を続けてきてよかったなと感じました。


Q4.子どもたちへのメッセージをお願いします。
私は子ども達が卒園し、一人の人間として自立して社会で生活する姿を楽しみにしていいます。その為、子どもたちの夢を共有し、目標の実現に向かって日々頑張りたいです。これからも児童養護施設での仕事を続けていきたいと思います。


続いて、愛の泉創立記念式典で勤続25年の表彰を受けた、愛泉苑で働く柿崎紀彦さんを紹介します。
スタッフインタビュー
エントリーはこちら
ブログ