埼玉県加須市の児童保育・老人介護の社会福祉法人愛の泉

法人サイト 採用サイト
TEL:0480-61-2627
トップページ 施設概要 保育方針 保育行事 お問い合わせ

学童保育
「愛泉学童クラブ」
楽しくあたたかな仲間たちと一緒に

愛泉学童クラブ全員集合!(2015年8月)
 愛泉学童クラブでは、キリスト教保育を通し、ご家庭のご理解とご協力のもとに1年生から6年生までの学年を越えた関わりの中で、一年間を通しての保育カリキュラムを計画しています。その計画に基づき、広いグランドを使ってのびのびと遊び、夏の園外宿泊保育やハンドベル演奏の発表会等を通して、仲間を思いやる心を受け継いでいく保育を行います。
☎ 0480-61-8220

1.保育方針

①「忍耐の心」「感謝の心」「思いやりの心」の育成
②安全で安心な放課後の生活の提供
③それぞれの成長に合わせた心身の健全な育成
④保護者の皆様と共に創り上げていく保育

2.デイリープログラム

学校がある日:月~金曜日/放課後~午後7時まで
午後2時ごろ 授業が終わった学年から順次登室
         宿題
         自由遊び
         おやつ
         (お迎えが来次第、順次降室)
         自由遊び
午後7時    全員降室
学校が休みの日:月~金曜日/午前7時~午後7時まで
            土曜日   /午前7時~午後3時まで

午前7時    順次登室
午前9時    全員登室
         自由遊び
午前9時半  掃除
午前10時   朝の会 宿題
午前11時15分昼食
午後1時    休息
午後2時    グループ活動
午後3時    おやつ
         自由遊び
         (お迎えが来次第、順次降室)
         自由遊び
午後7時    全員降室

3.行事予定

〈定例行事〉
毎週1回  手作りおやつ(左写真は調理している様子)
毎月2回  讃美集会
毎月第3月曜日 誕生日会
毎月第2金曜日 「色えんぴつ」(午後6時~7時)
保育士、子ども家庭センタースタッフ、そして保護者の方々数名でいろいろなことについて、ゆっくりとお話ししませんか?(要事前申し込み)
毎月第4金曜日 「ひだまり」(午後6時~7時)
お茶とお菓子を囲んで、お家に帰る前にちょっとゆっくりおしゃべりましょう(自由参加)

〈年間行事〉
4月 新入生歓迎会
5月 
6月 親子ボーリング大会
7月 低学年お泊り保育
8月 高学年お泊り保育
    子ども夏祭り
9月
10月 運動会
11月 秋のコンサート 歩け歩け遠足
12月 クリスマス礼拝 もちつき
1月 かるた大会
2月 ドッヂボール大会
3月 お別れ遠足 巣立ちの会

4.「学童クラブ」でのお約束

①大きい子が、小さい子の見本となる
②学校からの帰り道、寄り道をしない
③お休みをする日や来るのが遅くなる日は、きちんと連絡をする
④学童クラブのものを大切にする
⑤自分勝手にどこかにいかない
⑥自分の出したものは、責任をもって片付ける
⑦話を聞くときは、しっかり聞く
⑧あいさつはきちんとする
⑨家からおもちゃをもってこない
⑩友達を大切にする
⑪机の上にはのらない
⑫部屋の中でははしらない

5.「ここにはこんな良さがある!」
~スタッフの思い~

出会い
愛泉学童クラブと家庭との利用契約は、その年度の4月1日から3月31日までの1年間です。4月に新しい仲間を迎え入れることから1年がスタートし、3月の巣立ちの会で送り出すことをとても大切にしています。これは、ただ放課後を無難に過ごすことだけを目的とせず、この愛泉学童クラブで仲間と楽しく過ごすことを子どもたちも大切に意識できるように、きちんと節目節目をみんなで過ごすことが必要だからです。ですから、年度末まで利用し1年を通して一緒に過ごしていくことを、とても大切にしています。
縦のつながり
愛泉学童クラブには、学童クラブの子どもたちよりも年齢の低い子とも高い子ともつながりがあります。これは愛泉学童クラブの大きな特徴です。愛泉幼児園の子どもたちは、年に数回の行事を共に行い、自分よりも小さい子どもにやさしく接する心を育んでいます。そして、もう一つは卒業生徒のつながりです。中学生から社会人になった卒園生まで、しょっちゅう顔を出し、学童の子どもたちと関わり続けてくれます。また、学童の行事や大バザーなど、嫌な顔ひとつせず手伝いにきてくれます。これは学童期を過ごす子どもたちにも上へ上へと育つ向上心を仰ぐ素晴らしい姿を見せてくれていると思っています。この伝統を大切にしています。
トーンチャイムとハンドベル
毎日の生活の中で育まれていく仲間意識や、集団の中での年齢にあった自分の役割などありますが、私たちの学童クラブではトーンチャイムやハンドベルのように一人では完成できない楽曲に取り組むことで、「自分の音も大切、仲間の音も大切」=「自分も仲間も大切」を感じながら、仲間意識を高め集団での楽しさを経験しています。毎年11月に行われる「秋のコンサート」では、いつもお世話になっている学校の先生方やファミリーサポートの方々、保育園の時の先生や、もちろん保護者の方々を招いて、仲間と過ごす素晴らしさを感謝の気持ちを込めて、音楽を通して伝えることを大切にしています。
お泊り保育
夏休みを利用し、1~3年生は1泊2日、4~6年生は2泊3日と2回に分けてお泊り保育を行っています。いつも放課後を一緒に過ごす仲間と共に、親元を離れ自然豊かな環境の中、川遊びや山登りや礼拝などを経験し、心身ともに豊かに成長して帰ってきます。経験後の子どもたちの仲間意識、生活態度、一人ひとりの心の自立は明らかに違います。1年の学童行事の中で、子どもたちが一番楽しみにしているお泊り保育を、安全で思い出深いものにするため、スタッフ一同よく考えて企画しています。このお泊り保育にも、卒業生の参加があります。
手作り
子どもたちにとって放課後がなるべく「ほっとできる場所」になるようにと、家庭的な雰囲気を出せるように、学童クラブではなるべく「手作り」を心がけています。週に一回の手作りおやつや保育カリキュラム、行事のお土産、おもちゃ、卒業アルバムなどがあります。中でも6年生が毎年楽しみにしているのが、保育士が愛情をこめて編むネックウォーマーやマフラー作りがあります。子どもたちは自分のものが出来上がると、嬉しそうに毎日(時には何年も)大切に首に巻いてきてくれます。集団だけではなく、一人ひとりを大切に思って保育をしているという気持ちが、一人ずつ手間と時間を使い手作りすることで伝わればいいなと思い続けています。
 
保育の様子
入所をご検討の方へ
ブログ
アクセスマップ